項目新型コロナウイルス(COVID-19)に関する注意喚起について
学生の皆様へ

 新型コロナウイルスの感染による患者数の増加が伝えられています。これまでの報告では、確認された患者が重症化するリスクはインフルエンザよりは高いとされ、発熱・咳が特徴で肺炎患者が多く認められています。
 飛沫・接触感染が中心とみられていて、可能な限り人混み(不要不急の外出)を避けること、咳エチケット・手洗いの励行などが、感染拡大・予防に有用と考えられています。また、閉鎖した空間や近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。
最近の国内での二次感染・三次感染例発生を受けて、厚生労働省から以下のお知らせが発表されましたので、適切な対応をよろしくお願いします。

【厚生労働省からのお知らせ】
「新型コロナウイルスを防ぐには(2020年2月25日改訂版)」
「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」

次の症状がある方は下関市立下関保健所(083-250-7778)または山口県健康増進課(083-933-3502)にご相談ください。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
 (解熱剤を飲み続けなければならない時を含む)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
 ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

上記「帰国者・接触者相談センター」での相談の結果、新型コロナウイルス感染症疑いのある場合には指示に従い、マスクを着用の上、必要に応じて受診してください。
2020/03/04 登録

閉じる