練習船トップページへ
第 145 次航海
2005年 05月 18日 現在地 N32-30.0/E128-12.5
内容 昨日、快晴の空の下、本校教職員、OB、家族等多数に見送られて、専攻科船舶運航課程生13名、同舶用機関課程生9名、研究科生1名を乗船させ、14時25分 下関港を出港し、第145次航海を開始した。今航海では、マレーシア・ボルネオ島 北西沖の南シナ海において、SEAFDEC(東南アジア漁業開発センター)/MFRDMD(海洋水産資源開発管理部局)と浮魚資源の共同調査が実施される。15時21分 関門海峡西口を出て、19時39分 烏帽子島を航過して、イカ釣りの漁り火が多数見られる壱岐水道を抜けた。南東の風が次第に強まり、波高は3.5mとなった。01時59分 五島白瀬灯台を航過。明け方寒冷前線通過後、風が時計回りに変わり、西寄りとなり、波が徐々に小さくなってきた。乗組員1名 急性胃腸炎で加療中、他は異常なし。
天候 満天雲 風向風力 西南西5(疾風)
気温 18.5 度 水温 18.9 度
気圧 1007.7 hPa 海況 4(かなり波がある)
針路 211 速力 8.1knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る