練習船トップページへ
第 150 次航海
2005年 11月 07日 現在地
内容 食品化学科3年生42名及び指導教官2名が乗船し、昨日16時25分下関を出港し、水産物船上処理実習として第150次航海を開始した。寒冷前線が過ぎ去り、移動性高気圧圏内となった。17時24分関門海峡西口を出て、17時55分大藻路岩灯標航過後、針路277度とし、対馬に向けた。西風が次第に強まり、一時14m/sを超えたが、対馬に近づき風が弱まった。04時39分耶良埼沖にて漂泊し、08時50分厳原向け航走開始。09時46分港口の防波堤を航過し、10時20分厳原港入港第2号岸壁に左舷接岸した。荷役船優先で、10日までこの岸壁に停泊できるか定かでない。乗船者全員異状なし。
天候 快晴 風向風力 西3
気温 16.2 度 水温 22.6 度
気圧 1015.0 hPa 海況 1(さざ波がある)
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る