練習船トップページへ
第 151 次航海
2005年 11月 26日 現在地 34-37.5N/129-13.0E
内容 大陸の優勢な高気圧により晴天の下、海洋生産管理学科4年3名、海洋機械工学科4年生2名、指導教官2名ほか、水産情報経営学科教員1名、名古屋大学から2名、九州大学から2名の計12名を乗船させ、昨日13時下関を出港し、第151次航海を開始した。13時57分関門海峡西口を出て、長門水島水道を抜けた。14時34分非常ベルを鳴らして救命筏部署配置操練を実施した。15時から15時16分まで、針路000度としてADCPの較正を行った。16時18分からSt.N01にて、CTD、ロゼット採水、クロロテック観測を開始した。その後Nライン観測点、CNライン観測点全12点で観測を実施した。また、対馬北西海域St.1〜4で、CTD及びXBT観測を実施した。11時49分にSt.4の観測を終了し、St.5に向け現在南下中。乗船者全員異常なし。
天候 快晴 風向風力 西4
気温 14.7 度 水温 21.5 度
気圧 1016.7 hPa 海況 3(やや波がある)
針路 195 速力 11.2knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る