練習船トップページへ
第 152 次航海
2006年 04月 12日 現在地 34-26.1N/134-46.2E
内容 昨日、備後灘航路を経て、13時14分備讃瀬戸南航路に入り、同航路を東航した。東寄りの風が10m/s吹き内海にもかかわらず波高は1mを超え、船首から波しぶきが上がった。水島を過ぎて瀬戸大橋をくぐり、備讃瀬戸東航路をこれに沿って航進した。15時55分同航路を出た。発達中の低気圧が、ゆっくり東進しており、波浪予想では潮岬沖で5m以上の波高となっているため、淡路島西側で投錨仮泊することとし、東京入港予定を14日に延期することとした。18時27分都志港沖にて投錨避泊した。その後、風波は次第におさまった。13時より抜錨し、明石海峡向け航走開始の予定。乗船者全員異常なし。
天候 風向風力 西2
気温 15.1 度 水温 10.6 度
気圧 1006.2 hPa 海況 1(さざ波がある)
針路 錨泊中 速力 −knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る