練習船トップページへ
第 153 次航海
2006年 05月 18日 現在地 30-30.1N/131-16.2E
内容 5月17日(水)香港の東沖を北上している台風1号により活発化した梅雨前線が北上し、降雨の中での出港となった。理事長ほか大学校教職員、OB等多数に見送られて、専攻科38名を乗船させ、13時15分下関を出港、マレーシアのコタキナバルに向け第153次航海を開始した。関門海峡東口に向け航走、前田沖には1隻も漁船は見られず、浚渫船2隻の北側を通り、13時50分部埼灯台航過。下関南東水道、周防灘を東航した。16時48分姫島を右舷に航過して、右転し、伊予灘を南下した。19時16分佐田岬灯光を左舷に航過し、21時09分水ノ子島を航過して豊後水道を太平洋へと進んだ。明けて、07時頃には宮崎県の都井岬沖に達した。現在、種子島東沖約13海里を南下中。追い風のため波高は2.4mと高いが船体動揺は小さい。乗船者全員異常なし。
天候 満天雲 風向風力 北東4
気温 24.9 度 水温 24.8 度
気圧 1013.0 hPa 海況 3(やや波がある)
針路 197 速力 12.0knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る