練習船トップページへ
第 153 次航海
2006年 06月 04日 現在地 05-34.8N/107-06.6E
内容 昨日、15時30分より航走再開、主機関220r.p.m.で、翼角17.5°の全速とした。漁船、漁具は周囲には見られなかった。日没後は、月齢7の半月の月光に前方が照らされた。朝別課時にはまだ日が昇っておらず、薄暗い。気温は29℃を超え、雄大積雲が周囲に見られた。進路の北側には漁船と思われる灯火が多数見られた。10時頃には南側3海里ほどで、2そう曳き漁船が操業を開始したのを現認した。11時30分頃より風速15m/sの強風を伴った激しいスコールとなった。風向が南から西北西に急変した。ウネリがないので、船体動揺は小さく船速にはほとんど影響せず、順調に航走中。Kemaman港まで、残航程235海里。乗船者全員異常なし。
天候 スコール 風向風力 西北西7
気温 26.8 度 水温 29.8 度
気圧 1010.8 hPa 海況 4(かなり波がある)
針路 254 速力 12.1knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る