練習船トップページへ
第 155 次航海
2006年 08月 24日 現在地 34-44.8N/129-17.0E
内容 昨日、16時にエチゼンクラゲ目視観測を終了し、16時13分にCLラインの計量魚探観測を終了した。16時56分 CL01からCTD及びFRRF観測、ボンゴネット及びニューストンネット曳網、表面採水・水温計測を開始し、09時27分に CL08まで、CLライン定点8点での海洋観測を終了した。その後対馬西方海域に移動し、10時38分 St.01から海洋温度差発電基礎資料のため、CTD観測と各層採水を実施した。高気圧圏内で風弱く海面は穏やかである。対馬暖流域内で水温は高く、気温も昨日より2℃高い。海洋機械工学科3年生は、当直舷と非当直舷に分かれ、当直舷学生は機関制御室及び機関室にて4時間交代で機関当直実習を、非当直舷学生は、教室にて機関長及び一等機関士の講義を受講している。
乗船者全員異常なし。 
天候 風向風力 北東3
気温 29.0 度 水温 29.1 度
気圧 1012.1 hPa 海況 2(なめらか、小波がある)
針路 195 速力 8.0knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る