練習船トップページへ
第 155 次航海
2006年 09月 13日 現在地 35-55.6N/131-33.5E
内容 昨日、17時45分にエチゼンクラゲ目視調査を終了、秋雨前線が横たわり北東風が吹き続いてウネリが
2mを超えた。隠岐海峡向け日本海を西航中、当直勤務中の乗組員が1名が挫傷を負い応急処置を施したが、病院受診が必要と判断し、本船から最も近い隠岐の病院に連絡し、23時前に池尻埼沖にて交通艇で上陸させ、病院に搬送した。03時52分交通艇の上陸班を回収して、航走を再開した。04時30分西郷岬、05時51分に知夫里島灯台を航過し隠岐海峡を抜けた。06時07分からエチゼンクラゲ目視観測を開始した。北北東の風が10m/s吹き、冷たい空気で気温は明け方の23℃から21℃台に下がった。ウネリが大きく3m近い。追い風のため船体動揺はそれほどでもない。現在、KMライン最北点向け西航中。明日、下関帰港の予定。前述乗組員のほかは、異常なし。
天候 満天雲 風向風力 北北東5
気温 21.1 度 水温 22.6 度
気圧 1,020.1 hPa 海況 4(かなり波がある)
針路 268 速力 12.1knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る