練習船トップページへ
第 156 次航海
2006年 10月 04日 現在地 34-41.5N/129-34.7E
内容 秋晴れの空の下、海洋生産管理学科2年生29名、研究科生1名海洋生産管理学科4年生5名、海洋機械工学科4年生1名、生物生産学科4年生1名、指導教員7名、名古屋大学大学院環境学研究科調査員1名の計45名を乗船させ、14時55分関門港下関区岬之町防波堤岸壁を出港し、
第156次航海を開始した。16時07分関門海峡航路西口を出て、大藻路岩灯標、カベ島を左舷に航過して西航した。出港後行っていたエチゼンクラゲの目視調査は18時に終了した。19時05分粟ノ上礁航過後、曳航式計量魚群探知機を投入し、20時よりCLラインの音響調査を開始した。北東の風が10m/s吹き、船体動揺が少しあったため船酔いする学生が半数ほど見られた。現在、対馬東方海上をエチゼンクラゲの目視及び音響調査を行いながら北上中。乗船者全員異常なし。
天候 風向風力 北東5
気温 21.9 度 水温 23.4 度
気圧 1012.1 hPa 海況 4(かなり波がある)
針路 330 速力 4.0knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る