練習船トップページへ
第 159 次航海
2006年 12月 03日 現在地 下関/
内容 佐世保港では、活魚を用いて洋上鮮度管理実習を行ったほか、佐世保魚市場、水産加工工場及び長崎県水産試験場を見学した。昨日、15時55分に佐世保港を出港し、帰途についた。フェリーが入航した後、高後埼信号所の信号が出航信号に変わったことを確認して、佐世保港口を出た。冬型気圧配置で、北西の風が10m/sを超え波高は3mに達していた。20時30分生月島を航過、21時47分に的山大島を航過し、壱岐水道を東航した。冷たい北西の風が吹く中、船尾甲板でラジオ体操を行い朝別課を開始した。06時32分筑前大島航過、10時28分関門航路西口に入り、同航路を西航した。曳船「双美丸」を使用して、11時30分下関入港、第159次航海を終了した。乗船者全員異常なし。
天候 風向風力 西3
気温 6.9 度 水温 16.1 度
気圧 1025.2 hPa 海況 1(さざ波がある)
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る