練習船トップページへ
第 161 次航海
2007年 04月 14日 現在地 横浜港/
内容  昨日、14時51分大王埼を航過した後、非常ベルを鳴らして救命筏部署配置操練を実施した。3分ほどで全員集合場所の船尾甲板に集まることができた。各自の装備及び筏の投下装置等の点検を行った。20時過ぎに御前埼を航過し、その後、日本海を発達しながら東進する低気圧の影響で、次第に南風が強まった。伊豆大島の東沖を航行中、豪雨を伴った南西の風が最大瞬間で21m/sを記録した。夜明け前には雨が上がり南西の風は12m/sほどとなり、天候も次第に回復した。追い波で遊漁釣船が多数航路付近に出漁している東京湾を北上し、08時55分浦賀水道航路に入り、航路研修を行いながら、中ノ瀬西側海域を北上した。横浜ポートラジオとVHFで連絡を取り、自由信号の横浜航路を港内へと進み、曳船「浅間丸」を使用して11時に横浜入港。大桟橋D岸壁に右舷接岸した。
乗船者全員異常なし。
天候 風向風力 南南東 3
気温 23.2 度 水温 16.6 度
気圧 999.7 hPa 海況 1 さざ波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る