練習船トップページへ
第 162 次航海
2007年 05月 17日 現在地 関門港門司区/
内容  発達中の低気圧が東に抜け、青空が広がったが、西風が強く
15m/sを超えた。専攻科船舶運航課程生16名、舶用機関課程生21名計37名を乗船させて、11時20分下関を出港した。共同調査に関わる事由(調査機器調整など)により、帰港予定のコタキナバル港を取り止め、門司港に急遽変更となった。関門航路を横切った後、曳船「双美」を使用して11時50分関門港門司区に入港した。西風が強く、潮流信号所表示は6ノットの東流を示していた中、主機関を前進微速をかけながらの係船作業であった。乗船者全員異状なし。22日ムアラ港(ブルネイ・ダルサラーム国)向け出港の予定。
天候 風向風力 West 7
気温 19.5 度 水温 20.2 度
気圧 999.2 hPa 海況 3 やや波がある
針路 停泊中 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る