練習船トップページへ
第 162 次航海
2007年 05月 27日 現在地 北緯 19度38.3分/東経 120度53.6分
内容  昨日、台湾の東約150海里付近で、予定航路上に台湾漁船の延縄漁具が敷設されていたため、これに注意しながら大きく避航して航走した。20時に船内時を20分遅らせて、Brunei標準時とした。01時27分レーダーによりAmianan島を11.7海里で捉えて、針路を210度とし、Bashi海峡に入った。南風が次第に弱まり、ウネリも小さくなり、内海を思わせる凪の海面となった。海水温は、昨年よりも1℃以上高く、地球温暖化が進んでいることを物語っているようだ。太陽の子午線正中時観測前にスコールに見舞われたため、気温が3℃一気に下がり、北西の風が一時的に強く吹いた。フィリピンのBabuyan諸島Calayan島の北西約30海里を順調に南シナ海を南下中。乗船者全員異状なし。
天候 スコール 風向風力 北西 4
気温 27.2 度 水温 31.5 度
気圧 1010.0 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 210 速力 11.2knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る