練習船トップページへ
第 162 次航海
2007年 06月 13日 現在地 Muara 港/
内容  1ノット超える沿岸流により東北東へ約28海里移動した。
05時05分から航走開始し、Muara 港へ向けた。VHFでPort ControlとPilotと連絡を取り、Pilot乗船地点へと航進した。
08時53分 Pilot 2名が乗船し、港内へと灯標に沿って航路を進んだ。岸壁付近は、2ノットの潮流があったため、曳船を押し方で使用して、10時30分 Muara 港に入港した。乗船者全員異状なし。
在ブルネイ日本国大使館村瀬書記官ほかの出迎えをうけた。着岸後、Brunei漁業局調査員6名及びSEAFDEC/TD調査員は下船した。船長、今井調査団長が The Brunei Timesほか3社の新聞社に応対して、今回の共同調査について記者会見を行った後、研究室の計量魚探等の機器を公開した。
天候 bc 晴 風向風力 South 南 2
気温 29.6 度 水温 32.2 度
気圧 32.2 hPa 海況 1 さざ波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る