練習船トップページへ
第 163 次航海
2007年 08月 24日 現在地 北緯 35度51.9分/東経 130度59.8分
内容  昨日午後日本海隠岐堆の北沖を西航し、クラゲ目視観測を行ったが、日没までエチゼンクラゲは1個体も視認されなかった。19時に針路237度とし、東経131度の観測定線KMの北端韓国とのEEZ境界線近くの定点 KM12に向けた。高気圧圏内で南東の風5m/s、波高1mと穏やかな海面となった。日出後05時50分からクラゲ目視観測を開始した。韓国東側沿岸域から高クロロフィル水塊が沖へ移動している連絡が入り、韓国のコクロディニウム赤潮の可能性があり高クロロフィルの原因の植物プランクトンを調べるために、06時30分竹島の南方約34海里付近にて、採水バケツにより表面水を採取した。海面に着色は見られなかった。11時40分KM12にて針路180度とした。エチゼンクラゲはまだ視認されていない。乗船者全員異状なし。明日、下関帰港予定。
天候 bc 晴 風向風力 風向 East 東 、 風力 3 軟風
気温 29.0 度 水温 28.1 度
気圧 1016.5 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 180 速力 11.7knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る