練習船トップページへ
第 167 次航海
2007年 11月 07日 現在地 北緯 36.0度/東経 131.7度
内容  水産学研究科生1名、海洋生産管理学科4年生7名、海洋機械工学科4年生2名、生物生産学科4年生3名、指導教員5名、名古屋大学教員2名の計20名を乗船させ、講座外実習として昨日16時15分下関を出港し第167次航海を開始した。雨をもたらした前線は南下し曇天となった。17時13分関門航路西口を出て、長門水島水道を経由して北上した。19時10分角島を航過した。北東の風が13m/s吹き、波高3mで、船首船底を波が叩き波しぶきをあげて船体が大きく上下動しながら航走した。23時から海洋機械工学科4年生の「船舶動揺に対する心身諸反応に関する研究」のための睡眠深度測定実験が開始された。島根県との県境の田万川町江崎港沖約4海里で、観測定線HCラインの最南端観測点 HC01にて00時28分からCTD観測を開始し、その後同定線を北上し、日出後はエチゼンクラゲ目視観測を実施した。高気圧圏内となり青空が広がり海況は穏やかとなった。現在、出雲日御碕の北西約58海里の日韓北部暫定水域 HC10観測点にて、CTD観測を終えて北上中。
乗船者全員異状なし。
天候 b 快晴 風向風力 風向 ENE 東北東 、 風力 3 軟風
気温 17.6 度 水温 20.9 度
気圧 1020.9 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 000 速力 10.4knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る