練習船トップページへ
第 167 次航海
2007年 11月 11日 現在地 北緯 34.6度/東経 129.8度
内容  昨日、14時41分対馬西沖 St.05でのCTD観測終了後、対馬沿岸寄りに南下した。17時37分豆酘埼、18時06分神埼を航過した後、対馬東沖の観測ラインに向かった。19時09分厳原東沖約8海里の観測定線CDラインの CD01からCTD観測を開始した。03時29分 CD05での観測を終え、南南東6海里のCCライン観測を04時15分 CC05から開始した。日本海にある低気圧と大陸の高気圧で西高東低の冬型気圧配置となり、北西風が強まり10m/s吹いたが、日出後、青空が広がり少し風が弱まり、波高は1.2mほどとなった。海上風警報が発令中。現在、対馬琴埼東沖約16海里を観測定線CEラインを北東進し、CE03向けである。明日午後下関帰港予定。
天候 bc 晴 風向風力 風向 NNW 北北西 、 風力 4 和風
気温 14.1 度 水温 21.3 度
気圧 1018.7 hPa 海況 3 やや波がある
針路 045 速力 11.6knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る