練習船トップページへ
第 168 次航海
2007年 11月 28日 現在地 北緯 33.7度/東経 131.7度
内容  九州にかかっていた停滞前線が南下し、青空が見られるようになった。大分港においては、一昨日大分産業科学技術センターを見学し、最新の機器や「鮎の魚醤油」の説明を受けた。09時係留索を放し、大分港を出港した。09時05分大分港西大分泊地東防波堤航過して別府湾を針路049度で伊予灘に向かった。11時伊予灘西航路No.2ブイを左舷に航過し、針路333度として、同航路を北上した。出港時は北西の風が8〜10m/s吹いていたが次第に風が弱まり、国東半島沖を姫島水道まで多数小型漁船が操業していた。現在、姫島沖を航行中。今夕、部埼沖にて投錨仮泊し、明日下関帰港の予定。乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 North 北 、 風力 4 和風
気温 15.3 度 水温 19.0 度
気圧 1013.6 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 333 速力 12.0knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る