練習船トップページへ
第 173 次航海
2008年 09月 03日 現在地 北緯 34.9度/東経 129.4度
内容  9月1日から専攻科船舶運航課程生16名、舶用機関課程生20名計36名が乗船実習を開始した。本校教職員、僚船耕洋丸乗組員ほかに見送られ昨日13時25分下関港を出港した。13時33分関門航路に入り同航路を西航し、14時21分同航路西口を出て、長門水島水道に向けた。小型1艘びき底びき網漁船群を避航し、蓋井島の東沖で、潮流計の較正を行った。15時42分針路230度とし、筑前大島沖へ向けた。16時から舶用機関課程生は、主機関(4サイクルディーゼル機関)の定常状態運転での熱精算実験を実施し、16時58分にデータ収集を終了した。18時29分栗ノ上礁灯標を航過した後、観測定線CLラインに向け、19時03分CL00に到着し、同定線の潮流観測を開始した。20時03分CL01の観測定点からCTD・FRRF観測、NORPACネット曳網を実施し、順次観測定点で海洋観測を実施した。東側に低気圧、西側に移動性高気圧があり北寄りの風が強かったが、次第に高気圧圏内となり風は弱まり、3mあった波高は、2mと小さくなった。現在、対馬の北CL08にて海洋観測中。乗船者全員異状なし
天候 bc 晴 風向風力 風向 NE 北東 、 風力 5 疾風
気温 24.0 度 水温 26.3 度
気圧 1009.6 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 観測中 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る