練習船トップページへ
第 175 次航海
2008年 10月 24日 現在地 北緯 34.5゜/東経 129.0゜
内容  海洋環境観測実習で生物生産学科1年生39名、指導教員3名、調査員3名、海洋生産管理学科4年生1名を乗船させ、昨日13時45分関門港下関を出港し、第175次航海を開始した。朝鮮半島付近に低気圧があり、低い雲が垂れ込めて東風が8m/sとやや強く吹いていた。26日に遠洋航海に出港する耕洋丸乗組員及び乗船している海洋管理学科4年生と海洋機械工学科4年生ほか水産大学OB等に見送られ出港した。西流初期の関門航路は、多数の航行船があり、注意して航路内に入り、同航路をこれに沿って西航した。14時45分関門航路西口を出て、九州沿岸に沿って西航した。16時11分非常ベルを鳴らして、救命筏配置部署操練を実施し、避難経路の確認と装備について諸注意を与え、筏の点検を行った。18時47分CLラインの基点CL00を航過した後、19時34分からCL01にてCTDとFRRF観測を開始し、その後、各観測点で観測を行った。06時53分にCL08での観測を終え、10時41分対馬鳶島埼西方13海里のPt.10で、CTD観測を実施した。その後、韓国とのEEZ境界線に沿って海上漂流物と大型クラゲの目視観測を行いながら航行中。乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 NW 北西 、 風力 4 和風
気温 18.1 度 水温 24.5 度
気圧 1019.2 hPa 海況 3 やや波がある
針路 009 速力 10.0knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る