練習船トップページへ
第 176 次航海
2008年 11月 12日 現在地 33.0/131.9
内容 昨日大分港を出港し、別府湾を出て13時03分海獺瀬灯台を左舷に航過後、豊後水道を南下した。14時06分津久見湾沖の高甲岩灯台を航過し、佐伯湾に向首した。左舷錨を半節ウォークバックして15時30分佐伯港検疫錨地に投錨した。北風や来たからのウネリは東に突き出た半島と大入島で遮られ穏やかな海面となった。15時48分非常ベルを鳴らして、救命筏部署配置操練を実施し、非常時の避難経路と救命筏投下装置の点検及び確認を行った。日本海を移動性高気圧が東へ移動し、南西の風となったが、その後再び北風となった。08時48分大師丸が横付けして、同船から鮮魚(ブリ)とスラリーアイスを船上に積み込み、鮮度管理実習を開始した。乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴   風向風力 風向 North 北、風力 5 疾風
気温 16.7 度 水温 20.9 度
気圧 1019.9 hPa 海況 3 やや波がある
針路 錨泊中 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る