練習船トップページへ
第 177 次航海
2008年 11月 26日 現在地  34.9/129.4
内容 昨日、下関出港後、大型クラゲ目視観測を開始した。12時50分カベ島を航過し、九州北岸に沿って西航した。14時02分非常ベルを鳴らして救命筏部署配置操練を実施し、避難経路と身支度の確認を行い、救命筏等の点検を行った。16時09分CL00に達し、観測定線CLラインのADCP(潮流計)による観測を開始し、同ラインを針路330度で北上した。CL01からCL06まで6観測点にてCTD観測とFRRF観測を実施し、海洋環境調査を行った。02時30分CL07点を通過後、針路068度とした。06時43分見島の西北西約45海里のPt.4にてCTD観測を実施し、その後、日韓EEZ境界線に沿って西航して、大型クラゲの目視観測を実施中。等圧線間隔の広い高気圧圏内のため、北西の風が弱く穏やかな海面となって来た。乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力  風向 WNW 西北西 、風力 1 至軽風
気温 12.5 度 水温 21.4 度
気圧 1025.5 hPa 海況 1 さざ波がある
針路 226゜ 速力 10.3knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る