練習船トップページへ
第 180 次航海
2009年 05月 13日 現在地 北緯 30.5度/東経 133.9度
内容 昨日夏の暑さを感じさせる青空の下、専攻科船舶運航課程生23名、舶用機関課程生28名、生物生産学科半田教員の計52名が乗船し、理事長、校長、学生部長ほか多数の教職員、OB、父兄に見送られ、12時45分下関を出港し、第180次航海を開始した。今航海では、水産庁、水産総合研究センター、東京大学海洋研究所と連携して、太平洋西マリアナ海嶺南部海域において、ニホンウナギ産卵生態調査を共同で行う予定である。13時22分部埼灯台を航過して関門航路を出て、下関南東水道、周防灘航路をこれに沿って東進した。16時26分姫島を航過して伊予灘を南下した。18時10分に非常ベルを鳴らして救命筏部署配置操練を実施し、非常時の避難経路等を確認させた。18時59分佐多岬航過、21時に水ノ子島を航過して針路149度とし、調査海域に向けた。23時30分過ぎに土佐沖ノ島を航過して太平洋に出た。09時過ぎ西風が心地よい中、六分儀で太陽高度を測定し船位を求める天測実習が開始された。現在、種子島の東方約150海里を航行中、乗船者全員異常なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 West 西、 風力 4 和風
気温 13.0 度 水温 16.6 度
気圧 1008.0 hPa 海況 3 やや波がある
針路 149 速力 11.6knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る