練習船トップページへ
第 180 次航海
2009年 05月 14日 現在地 北緯 26.6度/東経 136.5度
内容 昨日午後の課業で、船舶運航課程生は、消火ホースの点検とイマーションスーツの着用訓練を行った。また、舶用機関課程生は、主機関(デイーゼル機関)の各出力における熱精算(供給される熱量のうちどれだけ有効な熱(仕事)として利用されているか、熱の出入りを詳細に計算すること)の実験を行った。
沖縄南方にあった台風2号から衰えた熱帯低気圧は天気図上から消滅した。北海道東方海上の発達した低気圧から延びた前線の影響で、4時頃しゅう雨があり、北西風から南西風に変わり、天候は回復した。波高は1mほどで、船体動揺も少ない。07時12分から速度を落として、計画通り18日から調査を開始の予定。現在、小笠原諸島母島の西方約300海里を南下中。乗船者全員異常なし。 
天候 bc 晴れ 風向風力 風向 SW 、風力 3 軟風
気温 23.9 度 水温 23.7 度
気圧 1010.2 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 149 速力 11.3knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る