練習船トップページへ
第 180 次航海
2009年 05月 20日 現在地 北緯12.2度/東経142.6度
内容 昨日午後CTD観測ウインチが経年劣化でパイプにピンホールがあき、その修理を行い、18時過ぎに復旧した。19時02分からSt.07でCTD観測を再開し、終了後南下してSt.08で観測を終えたのは23時40分過ぎとなった。朝別課ラジオ体操終了後、東経143度30分の定線観測最南点St.09(北緯12度)でのCTD観測を行い、07時12分に終了後、中層トロールによるサンプリング海域へ向けた。東北東の風7m/sで少しうねりがあり波高約2mとなった。青い空が広がり、水色1の濃い青色の海原が続いている。機関工作室では連日舶用機関課程生が旋盤を利用してテストハンマー制作やバルブの摺り合わせの実習を行っている。また、船尾甲板では船舶運航課程生が日没後のトロール操業の準備を行った。現在、グアム島の西南西約140海里を西向け航行中。乗船者全員異常なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 ENE 東北東、風力 4 和風
気温 29.0 度 水温 29.7 度
気圧 1009.7 hPa 海況 3 やや波がある
針路 285 速力 11.6knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る