練習船トップページへ
第 180 次航海
2009年 06月 18日 現在地 北緯 7.1度/東経 141.7度
内容 昨日午後予定されていた主機関推進実験は海況が好転せず中止となった。船舶運航課程非直舷学生は、船尾甲板で持運び式泡消化器を使用して消火訓練を実施し、その後使用した消火器に新しく薬剤を充填した。また、舶用機関課程学生の旋盤を使用しての工作実習を事故なく終えることができた。20時に船内時を30分遅らせた(日本時間に進むこと30分となった)。南東の風6m/s、毛状やかぎ状の巻雲が多数青空に広がっている。18海里離れて15ノットで南下する船の映像がレーダーで捉えられたが、AIS(自動船舶識別装置)には船名、目的港が出力されていなかった。水平線は澄んで見え、天測実習が行われた。乗船者全員異常なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SE 南東、風力 4 和風
気温 29.1 度 水温 30.4 度
気圧 1008.9 hPa 海況 3 やや波がある
針路 --- 速力 漂泊中knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る