練習船トップページへ
第 180 次航海
2009年 06月 20日 現在地 マラカル港(パラオ共和国)/
内容 昨日午後は入港に備えてハウス周りに付着した塩を洗い落とし、船内通路、教室を清掃、雑巾拭けを行った。18時43分ミクロネシア自治連邦排他的経済水域を出て、パラオ共和国排他的経済水域に入った。02時11分 パラオ共和国バベルダオブ島沖約16海里にて、入港時間調整のため漂泊した。朝別課前まで雨が降り、気温が29℃から25℃まで下がった。07時45分から航走開始し、パイロット乗船地点に向けた。09時44分浅礁を航過して、09時48分パイロットが乗船し、可航幅が狭い所で60mしかないマラカル水道をパイロットの案内で進んだ。海図記載の灯標位置と異なるものや、番号表示板が無い立標があった。10時25分パラオ共和国マラカル港に入港した。乗船者全員異常なし。
天候 c 曇 風向風力 風向 North 北、風力 1 至軽風
気温 31.6 度 水温 30.7 度
気圧 1009.1 hPa 海況 1 さざ波がある
針路 --- 速力 ---knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る