練習船トップページへ
第 180 次航海
2009年 07月 01日 現在地 北緯 29.6度/東経 128.5度
内容 昨日午後から南寄りの風が10m/sを超えて吹き出し、波高が2mとなった。17時48分トカラ群島宝島の西方約32海里にて漂泊した。05時過ぎから航走を開始し、TAWARAライン南端St.10を15海里延長したSt.11に向けた。朝別課の06時過ぎは、南西風が14m/s 、波高2.5mとなり、船尾甲板上まで波しぶきが飛んできた。06時30分からTAWARAラインSt.11にてCTD観測を開始した。黒潮が東北東に2.5ノットで流れていた。観測終了後、TAWARAラインを北上し、09時54分からSt.10にてCTD観測を実施した。また、10時30分から大型クラゲ目視観測を開始した。現在、トカラ群島宝島の北西約42海里を北上中。今まで天候に恵まれて今航海初の時化となり船酔い学生が数名、他は異常なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SSW 南南西、風力 6 雄風
気温 29.0 度 水温 28.3 度
気圧 1005.7 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 305 速力 10.5knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る