練習船トップページへ
第 180 次航海
2009年 07月 08日 現在地 北緯 32.5度/東経 129.5度
内容 昨日午後からも午前に引き続き、GPSブイとフロートをロープで連結したものを浮かべて、風潮により伸びた並びを岸壁と見なして、船幅だけ離してこれと平行に船の行き脚を止める操船実習を行った。船舶運航課程生が指揮者、操舵員、時計・記録員、航跡記録員を、また舶用機関課程生が主機関とバウスラスタ操作員を交代で実施した。その後、非常操舵訓練を行い、非常時の操舵要領を確認した。停滞前線が活発化し、対馬海峡に強風警報が発令され、明日は玄界灘付近は時化が予想されたため、五島灘へ向かった。21時03分壱岐島若宮灯台を航過する頃は、南寄りの風が12m/sあったが、次第に弱まった。長崎県野母埼西方の五島灘において、08時26分からブイを投入して、昨日と同様に操船実習を実施した。乗船者全員異常なし。
天候 O 満天雲 風向風力 風向 South 南、風力 4 和風
気温 25.5 度 水温 24.4 度
気圧 1010.0 hPa 海況 3 やや波がある
針路 --- 速力 漂泊中knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る