練習船トップページへ
第 182 次航海
2009年 09月 14日 現在地 北緯 34.7度 /東経 130.4度
内容 昨日午後 萩見島北東沖約50海里のJS01観測点にて日水研式採泥器を船尾観測ウィンチにより6回海底に降ろして海底泥を採取した。16時17分からエチゼンクラゲ目視観測を実施しながら南下し、19時08分萩見島西北西沖約30海里にて漂泊した。移動性高気圧は足早に東進し、次第に雲が広がり曇天となった。次航海での沖合底びき漁業実習に備えて、角島北西沖約30海里付近の操業状況や海底起伏を調べるため、06時05分からエチゼンクラゲ目視観測を実施しながら操業漁船に注意しつつ航走した。また、明日の博多入港に備え船体の手入れ、船内掃除を行った。乗船者全員異常なし。
天候 o 満天曇 風向風力 East 東 3 軟風
気温 24.0        度 水温 26.0 度
気圧 1013.8hPa hPa 海況 3 やや波がある
針路 050 速力 11.0knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る