練習船トップページへ
第 184 次航海
2009年 10月 27日 現在地 北緯 33.7度/東経 128.6度
内容 昨日は時化のため対馬北西の仁田湾にて避泊漂泊し、船酔いに苦しんだ学生は船体動揺がなくなり英気を養うことができたようである。台風20号は足早に本州南沖から伊豆諸島、東北東沖を進んでいる。台風が遠去かり移動性高気圧が西から近づき、北東から北西に風向が変わり、白波が見えなくなった。01時25分から航走開始し、対馬郷埼の西北西沖約12海里のCI03観測定点にて04時03分からCTD観測を開始した。その後、対馬下島小茂田西沖約4海里のCG03から南西にCG02、CG01各定点でCTD観測を実施した。快晴の天候で北西風が肌寒く感じられる。朝別課後06時32分からクラゲ目視と海上浮遊物観測を開始した。10時13分五島列島宇久島の北西方の観測定線Sラインの日韓EEZ境界線近くのS06定点から開始し、11時28分S05定点でのCTD観測を終え、現在S04向け針路136度で航行中。船酔い学生もいなくなり、乗船者全員異常なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 NW 北西、風力 4 和風
気温 20.4 度 水温 23.7 度
気圧 1017.8 hPa 海況 4 かなり波がある。
針路 136 速力 12.4knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る