練習船トップページへ
第 195 次航海
2010年 11月 05日 現在地 北緯 33.9度/東経 130.9度
内容  生物生産学科1年生43名、同学科4年生2名、生物生産学科教員3名、調査員5名の計53名を乗船させ、11時30分関門港下関区岬之町防波堤岸壁を出港し、第195次航海を開始した。海洋環境観測実習として響灘、玄界灘沖、対馬海峡の日本海において、CTD観測、XBT観測、一般海洋観測並びに稚魚ネット、ノルパックネット、中層LCネットの曳網実習を予定している。日本は移動性高気圧に覆われて穏やかな晴天となった。職員、OB等に見送られて、大型コンテナ船と門司から出港したカーフェリーの後、関門航路に入り、同航路を西航した。彦島山底ノ鼻沖を過ぎて11時49分から大型クラゲ目視観測調査を開始した。乗船者全員異常なし。
天候 bc 晴 風向風力 W 1
気温 17.9 度 水温 19.3 度
気圧 1022.7 hPa 海況 1 さざ波がある
針路 321 速力 10.5knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る