練習船トップページへ
第 196 次航海
2010年 11月 18日 現在地 北緯 34.0度/東経 130.8度
内容  食品科学科3年生31名、同学科教員2名の計33名を乗船させ10時30分関門港下関区岬之町防波堤岸壁を出港し、第196次航海を開始した。洋上鮮度管理実習として伊万里湾にて錨泊して同実習を実施する予定。朝鮮半島付近にある移動性高気圧圏内で穏やかな秋日和となった。西航する大型ばら積船、大型コンテナ船に続いて、10時37分関門航路に入って同航路をこれに沿って西航した。巌流島沖、大瀬戸には多数の漁船が操業していた。大型船は8ノットで航走しており、速度を半速としてこれらに続航した。11時39分関門航路西口を出て、針路305度とし経済速度の10.5ノットまで上げた。11時58分大藻路岩灯標を左舷に航過して282度に変針し、現在藍島沖を西航中。乗船者全員異常なし。
天候 bc 晴 風向風力 ESE 2
気温 14.1 度 水温 18.9 度
気圧 1024.9 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 282 速力 11.1knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る