練習船トップページへ
第 1 次航海
2007年 07月 25日 現在地 34-24.0N/133-57.8E
内容 昨日13時55分、関係者多数の見送りを受け、薄曇りの梅雨明けの空が広がる下関アルカポート岸壁を離岸する。本航海は学生を乗船させての初めての航海となり、専攻科船舶運航課程16名、専攻科舶用機関課程21名の学生達が緊張した面持ちで各配置につき、関門海峡東口に向かう。航海中、船舶運航及び機関操作実習を行うほか、高松、東京、神戸の各港に寄港し、新装成った耕洋丸の一般公開を実施する予定である。転流時の早鞆瀬戸を抜け、14時20分頃部埼潮流信号所を航過、海峡を出る。薄雲が一掃され、全天青空となった周防灘を航路ブイに沿って航行し、19時頃八島を航過、伊予灘に入る。風はほとんどなく、湖面のような海面を進み、21時過ぎ、釣島を右舷に航過して釣島水道を抜け、23時頃小部湾に投錨仮泊する。今朝6時30分頃、揚錨し来島海峡に向かう。風はなく水面上に陽光を遮るように霧が立ちこめ、視界が悪い。7時過ぎに北流時の来島海峡航路に入航し、多数の漁船が操業する中、小島と馬島の間を通過、西水道を通り8時前に竜神島を航過して海峡を抜ける。その後、燧灘を及び備後灘を東行し、10時30分頃、二面島を右舷に航過して備讃瀬戸南航路に入る。今日は高気圧が列島を覆っているようで、強い陽射しが甲板を照りつけ、急に夏が来たような気候となる。11時20分頃、備讃瀬戸大橋の下を通過し備讃瀬戸に入り、宇高西航路を経由して12時45分、高松港に入港する。学生・乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向SSE 南南東 風力 2
気温 28.3 度 水温 23.6 度
気圧 1011.3 hPa 海況 1 さざ波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る