練習船トップページへ
第 1 次航海
2007年 08月 12日 現在地 関門港下関区/
内容 昨日13時から平郡島と八島の間で漂白し、自差測定実習を行う。相変わらず高気圧が西日本全体を覆い、強い陽射しがコンパスデッキでコンパスを覗く学生たちに降り注ぎ、瞬く間に額から大粒の水滴が落ちる。14時頃、自差測定を終了し、航走を開始、伊予灘航路を西に向かう。姫島を左舷に見て周防灘航路に入り18時40分頃、関門海峡西口の部埼潮流信号所の南西5.3マイル沖に投錨仮泊する。今朝9時に揚錨し関門海峡に向かう。日本海に停滞する台風崩れの低気圧と四国沖の低気圧に挟まれ、昨夜から15m/S近い東風が吹き続けており、今朝も13m/Sと風速は一向に衰える様子もない。部埼を航過して白波が目立つ西流5ノットの海峡に入り、10時5分、下関26号岸に着岸し、第1次航海を終了する。学生・乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SE 南東、風力 5 疾風
気温 28.4 度 水温 26.9 度
気圧 1005.1 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る