練習船トップページへ
第 4 次航海
2007年 11月 07日 現在地 03.3N/100.7E
内容 昨日13時、左舷の学生に対し、前日と同じ想定の下で保安操練を行う。15時過ぎ、どんよりとした空模様の下、Horsburgh燈台を航過、Singapore海峡に入る。前方をタンカー、後方をコンテナ船に挟まれ、左舷にBintan島、右舷にJohorの低い山並みを視認しつつ進む。16時頃、右舷側に多数の停泊船が現れ、やがて右舷前方、灰色の雲の下にSingaporeの高層ビル群がうっすらと見えて来る。行き交う船が次第に多くなる頃、Singaporeの町並みを右舷正横に視認して、18時過ぎ、椰子の木々の間に立つRaffies燈台を航過する。20時頃、Tanjuung Piai燈台を航過しSingapore海峡を抜け、Malacca海峡に入る。この頃から雨が降ったり止んだりの空模様となり、視界も悪くなる。22時30分頃、Undan Utara燈台を航過する。今朝3時30分頃、Batu Besar燈台を右舷7マイルに、4時30分頃、Cape Rachado燈台を5マイルに確認する。7時過ぎ、雨雲を破るように陽が射し始め、青空が覗く。右舷側に見えていた陸地も次第に見えなくなり、また同行船、反行船とも少なくなった9時30分頃、One Fatham Bank燈台を航過する。11時前にJemur島燈台をレーダで右舷正横17マイルに確認し、Malacca海峡の指定航路を出航、針路を北西にとる。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 N'th 北 、風力 3 軟風
気温 27.2 度 水温 29.0 度
気圧 1009.6 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る