練習船トップページへ
第 4 次航海
2007年 11月 20日 現在地 01.9N/90.1E
内容 昨日正午過ぎから揚縄を開始したが、枝縄の絡みが多く、また幹縄巻揚機のモーターにトラブルが発生し、15時頃ようやく作業終了する。明日からいよいよ1回目の操業が始まる。午後、雨雲が広がり、久しぶりに航海日誌天候欄に”c”の記号が記載される。16時前から雨が降り始め、その後降ったり止んだりの空模様となる。今朝、御神酒を幹縄、枝縄、漁具に降り注ぎ4時過ぎから1回目の投縄を開始する。投縄機から幹縄が繰り出され、ブザーの合図と共に、次々に枝縄が付けられ、漆黒の海面に消えていく。6時過ぎ、投縄を終了し、10時から揚縄を始める。しばらくして前方に揚縄中の延縄漁船と針路がほぼ並行する形で揚縄していることが判明し、その漁船の後をついていくように作業を行う。国籍不明の漁船は絡んだ本船の縄を解きつつ作業を行い、11時30分頃、本船の針路を離れる。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SE 南西 、風力 2 軽風
気温 28.2 度 水温 28.6 度
気圧 1013.1 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る