練習船トップページへ
第 4 次航海
2007年 11月 30日 現在地 10.0S/90.1E
内容 昨日午後、午前中の雨雲は去り、薄雲を通してじりじりと強い陽射しが濡れた木甲板を照らす。豊漁祈願のための大漁旗と共に学生が作成したマグロ幟が船首旗竿に掲げられ、学生は揚がってくる枝縄を巻き取る作業を繰り返す。この日は縄切れもなく、16時前に揚縄を終了する。CTD観測、稚魚ネット曳航の後、19時30分頃より10S,90Eに向かう。昨夜遅くから雲天となり、今朝は未明から降ったり止んだりの空模様となる。4時過ぎ、XBT観測の後、投縄を開始する。1鉢に50m間隔で12本の枝縄を順次、投縄指示器の発するブザー音に合わせて繰り出される幹縄に取り付けていく。10S辺りは南赤道海流流域に当たるが、潮流計表示ではまだその傾向は認められない。6時40分頃、960本の枝縄が海面に投下され、投縄を終了する。10時、揚縄を開始する。10m/Sの向かい風を受け、船体は2mほどの上下動を繰り返す。枝縄繰りをする学生に、舷門に近づきすぎないよう注意を促し、慎重に縄を巻き上げる。船首旗竿のマグロ幟が元気よく羽ばたくが、未だ漁獲なし。学生、乗組員全員異状なし。
天候 r 雨 風向風力 風向 ESE 東南東 、風力 5 疾風
気温 24.5 度 水温 27.2 度
気圧 1012.7 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る