練習船トップページへ
第 4 次航海
2007年 12月 03日 現在地 10.2S/89.8E
内容 昨日午後、北上するにつれて、南東の風は10m/S以下となり、波高も3mほどになる。15時過ぎに10S,90Eに達し、漂泊する。南にある高気圧が居座っているようで、南東の風は南に行くほど強くなる模様。今朝4時頃、針路を南東に設定し、12回目、最後の投縄を始める。東南東、8m/Sの風、波高2.5m、空模様は十字星が雲の切れ間から見えたり隠れたりで航海日誌にはbcとcが交互に記載されている。最後の1000本目の枝縄は甲板長が海面に投下し、6時30分頃投縄を終了する。8時前から縄周りを始める。白波が立ち、フロートがほとんど視認できずに投縄開始時に投入したGPSブイに達し、9時30分頃から揚縄を開始する。正午までにサメまたはシャチに食われたと思われるメバチ及びメカジキの頭だけが揚がる。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SE 南東 、風力 5 疾風
気温 27.2 度 水温 27.4 度
気圧 1010.5 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る