練習船トップページへ
第 4 次航海
2007年 12月 08日 現在地 26.7S/108.6E
内容 気象、海象とも同じような状態が続く。昨日午後、紺碧の海に白波がよく目立ち、白い雲の下に水平線がくっきりと浮かぶ。太陽の正中高度が89度となり、しかも前日まで南面して測定していたが、この日から北面して測定する予定であったが、あいにく正中時に雲が発生し、測定できずに終わる。13時から一等航海士が学生、乗組員に翌日午後実施予定の防火・防水操練について説明を行う。夕方、風向が南寄りになり、横揺れが激しくなる。20時、船内時を30分遅らせる。(JST−1h)今朝、気温が17℃となり、朝別科のため船尾甲板に集合した学生達が思わず首を竦める。天気図の気圧配置はほとんど変わらず、10m/S前後の南東風が吹き続ける。波高3mほどのうねりが南東と南の両方向から押し寄せ、船体は縦揺れと横揺れを繰り返す。学生、乗組員全員異状なし。
天候 o 満天曇 風向風力 風向 SE 南東 、風力 6 雄風
気温 19.6 度 水温 20.1 度
気圧 1017.2 hPa 海況 5 波がやや高い
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る