練習船トップページへ
第 4 次航海
2007年 12月 18日 現在地 18.0S/113.3E
内容 昨日13時、非常警報装置の作動試験を行う。南西、5m/Sの風がわずかに海面を揺るがすが、波高は1mほどで船速も次第に伸びる。気温が前日よりも3度ほど高くなり、肌に当たる風も暖かくなったように感じる。翌日開催予定の赤道祭に向け、学生達はその準備に余念がない。20時、船内時を20分遅らせる。(JST−40m)上空には薄雲を通して満天の星が競うように輝く。今朝、白波は全く見られなくなり、平穏な海面が広がる。日輪をくっきりと見せながら、太陽が水平線から顔を出し、今夜の赤道祭は晴天の下で実施できる模様。午前中、赤道祭恒例の餅つきを行う。司厨部で蒸された10Kgのもち米を船尾デッキに用意された石臼で4回に分けて搗き、出来上がった餅は瞬く間に学生の胃袋に収まる。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SW 南西 、風力 3 軟風
気温 25.1 度 水温 28.2 度
気圧 1010.1 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る