練習船トップページへ
第 4 次航海
2007年 12月 19日 現在地 15.0S/113.9E
内容 昨日13時頃、17.6S,113.4Eにてオーストラリア排他的経済水域を抜け、公海に入域する。14時頃、デイーゼル推進から電気推進に切り替え、スキャニングソナー、計量魚探、ADCPを稼働させる。南寄りの微風がさざ波を立てる程度で、海上は全くの凪状態になる。機関停止したため、船内は静粛になりとても航海中とは思えない。18時、停止漂泊し、学生、乗組員が船尾甲板に集合、赤道祭が開始される。満天の星、月が上空から見つめる中、各班ごとに奇想天外な出し物が続き、21時頃、実習の遂行と航海の安全を祈って乾杯し、赤道祭を終了する。20時、船内時を20分遅らせ、インドネシア中部標準時とする。(JST−1h)22時、引き続き電気推進にて航走を開始する。今朝も昨日同様、水平線を持ち上げるように日輪が浮き上がり、一日が始まる。午前中、学生総出で赤道祭の後片付け、船尾甲板の清掃を行う。学生、乗組員全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SW 南西 、風力 4 和風
気温 27.6 度 水温 29.3 度
気圧 1009.1 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る