練習船トップページへ
第 5 次航海
2008年 02月 9日 現在地 35.4N/139.7E
内容 昨日、10m/Sの西よりの風が、時折船体を揺らせるが、快晴が夕方まで続き、計量ソナーによる調査は順調に進む。19時30分頃、石廊崎の南西19マイル沖にて調査を終了し、ディーゼル機関に切り換え、相模灘に向かう。21時過ぎに石廊崎燈台11マイル南沖を航過し、22時頃、神子元島燈台を左舷正横に視認、伊豆半島東岸に沿って北上する。今朝1時20分頃、相模湾、初島の東7.5マイル沖に達し、入港時間調整のため漂泊する。2時頃より風が収まり7m/S前後の風力となる。8時20分頃、航走を開始し東京湾に向かう。天気予報によると発達中の低気圧の接近により、寒波が吹き込み太平洋側は雪が降る模様。相模灘を東に向かい、10時過ぎに剣埼燈台の南東5マイル沖を航過、東京湾に入る。鉛色の雲が上空を覆い、洲崎燈台が霞んで見える。11時前に浦賀水道航路に入航し北上する。比較的航路上の船舶は少なく、遊漁船が数十隻漂う中、観音埼燈台を左舷に航過し、11時30分過ぎに水道を抜ける。その後東京湾中ノ瀬航路灯浮標に沿って進み、12時30分頃横浜航路に入り12時55分、横浜大さん橋埠頭に着岸する。学生、乗組員全員異状なし。
天候 c 曇 風向風力 風向 NNE 北北東 、風力 4 和風
気温 3.7 度 水温 10.0 度
気圧 1021.4 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る