練習船トップページへ
第 6 次航海
2008年 04月 12日 現在地 30.9N/128.4E
内容 昨日13時55分、水産流通経営学科2年生、生物生産学科3年生、計61名及び海洋生産管理学科4年生2名を乗船させ、前日までの雨天が一転して晴天となった下関を出港、第6次航海を始める。前日の風雨で散りかけた彦島の桜を右舷に望見しつつ関門航路を西行し、14時30分頃、竹ノ子島の潮流信号所が東流3ノットを表示することを確認し海峡を出航、六連島と藍島の北東岸を北東進する。対馬海峡に強風注意報が発令されているが、この辺りは6m/Sの北よりの風がわずかに海面にさざ波を立てる程度で穏やかな海面が続く。15時30分頃、白島沖を航過し響灘に出る。上空には雲一つ無く、青空が広がり、初めての乗船となる学生達にとっては絶好の航海初日となる。17時過ぎ、筑前大島沖を航過、玄界灘に入り、針路を南西にとる。黄砂のためかややぼやけた夕日が水平線に隠れる様子を左舷に望見し、19時頃、烏帽子島を航過、壱岐水道に進む。航路の両側に見える漁船の灯火に気を配りつつ水道を通過し、20時30分頃、二神島と的山大島の間を抜ける。その後、五島列島の西側を航過し、今朝0時頃、五島白瀬燈台の7マイル西沖を航過する。6時過ぎ、男女群島女島燈台の灯火を左舷5マイルに視認、東シナ海に入り針路を南にとり観測点に向かう。薄曇りの空模様となったが高気圧下にあるため、穏やかな日和となる見込み。学生・乗組員全員異状なし。
天候 o 満天曇 風向風力 風向 E'st 東 、 風力 3 軟風
気温 17.3 度 水温 19.1 度
気圧 1016.7 hPa 海況 3 やや波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る