練習船トップページへ
第 7 次航海
2008年 08月 04日 現在地 35.4N/132.1E
内容 昨日9時55分、気温がすでに33℃を超え、上空に白い夏雲が広がる金沢港戸水岸壁を離岸し、細長い水路を西防波堤に沿って進む。白波を立てて入港する遊漁船を避けつつ、西防波堤燈台を左舷に航過、港外に出て船首を西南西に定針し萩沖八里ケ瀬に向かう。能登沖には風警報及び濃霧警報が発令されているが、まだ8m/Sほどの南西の風が海面に所々白波を立てる程度である。夕方から西よりの風が10m/S以上となり、波高計は4m以上の数字を表示する。20時頃、若狭湾の西端、経ケ岬の遙か沖を航過する。今朝未明から風はおさまり5m/S以下となり、うねりも小さくなる。雲天ではあるが、晴れる兆しを示す空の下、黒々と見える隠岐諸島を右手に視認し、6時前に隠岐海峡に入る。東に1ノットで流れる潮流を受けながら、シイラ付けが浮かぶ海峡を進み、8時頃、多古鼻燈台の10マイル沖を航過、隠岐海峡を抜ける。学生・乗組員・その他乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 NW 北西 、 風力 1 至軽風
気温 27.3 度 水温 28.1 度
気圧 1010.3 hPa 海況 1 漣(さざなみ)がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る