練習船トップページへ
第 7 次航海
2008年 08月 05日 現在地 35.0N/131.1E
内容 昨日午後、日本海に高気圧が進出し、雲は多いが晴れの空模様となる。風はほとんど無く、油を流したような海面が一面に広がる。16時過ぎ、萩市見島沖に達し、見島の北8マイルに広がる八里ケ瀬の海底地形調査を開始する。0.3マイル間隔で設定された10マイルの観測線上を海底地形探査装置、計量魚群探知機、潮流計を稼働させ、補助推進機を使用して7ノットの船速で進む。3本目の観測線に航跡が乗った20時頃、船首方向に見える刷毛で書いたような細い上弦の月の下に二艘曳きの漁船が浮かぶ。今朝5時30分頃、薄雲を破るように輪郭をはっきり見せて陽が昇る。相変わらず風はほとんど無く、漂う数隻の一本釣り漁船に注意しつつ、5時過ぎに10本目の観測線に入る。調査は予定通り進み。正午頃には14本目の観測線を終え、観測線の半分を終了する。学生・乗組員・その他乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 North 北 、 風力 3 軟風
気温 25.8 度 水温 28.1 度
気圧 1011.2 hPa 海況 2 なめらか、小波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る