練習船トップページへ
第 8 次航海
2008年 08月 18日 現在地 34.6N/129.8E
内容 昨日13時前に4点目のCTD観測を終了する。雲が多く、うっとうしい空模様が続くが気温はあまり上がらず過ごしやすい。14時頃から15時頃まで調査海域の2定点にてMTDネットを曳航し各層の稚仔魚を採集し、その後再び調査海域中央部、人工漁礁周囲の海底地形調査を開始する。20時頃、海底地形調査を中断し、MTDネットを曳航を曳航する。星が数個顔を出し、黒雲の後ろから月齢15となった月が淡い光を放つ。23時30分頃、MTDネット調査を終了し、海底地形調査を再開する。今朝、雲天ではあるが、天気図をみると次第に回復する見込み。6時に海底地形調査を終了し魚礁付近で漂泊しながらCTD観測を繰り返す調査を始める。10時頃、対馬東沖調査における調査をすべて終了し、研究員2名、研究科生1名を漁船に移乗させた後、次の調査海域である日本海南西海域に向かう。学生・乗組員・その他乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 SSW 南南西 、 風力 6 雄風
気温 27.8 度 水温 27.6 度
気圧 1008.0 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る