練習船トップページへ
第 8 次航海
2008年 08月 20日 現在地 36.0N/133.2E
内容 日本海北部で低気圧は停滞し、本船は低気圧の西南端に当たるため、風向計の針がずっと西または西南西を示している。17時頃から久しぶりに晴天となり、20時頃には北斗七星が燦然と輝く。20時過ぎ、隠岐島前の北西27マイルにて5点目のCTD観測を行い、引き続き針路を南にとり観測を続ける。今朝6時前、出雲日御碕燈台の北東4.5マイル沖に達し、CTD観測を行い、引き続き北東に針路を定針し、音響機器による調査を行う。薄雲を突き破るように陽が昇り、陸岸の山々が黒々と輝く。隠岐海域には引き続き風警報が発令されているが、当海域では8m/Sの西よりの風が船体をゆっくりと横揺れさせる程度である。天気予報によると今日は一日中、好天の模様。10時頃、35.8N,133.2EにてCTD観測を行い、船首を北に向ける。学生・乗組員・その他乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 West 西 、 風力 5 疾風
気温 24.2 度 水温 27.3 度
気圧 1004.1 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る