練習船トップページへ
第 9 次航海
2008年 09月 24日 現在地 38.2N/139.2E
内容 9時55分、中央埠頭を離岸し第二航路に入る。北海道の北側にある大きな低気圧の影響を受けて、上空は厚い雨雲に覆われ、出港時は雨に見舞われる。第一航路から港外に出て、薄い霧の中に消えかかった函館の街を背に、函館山を左舷に見て函館湾に進む。西風6m/Sだが、1mほどのうねりが船体をやや動揺させる。10時30分頃、葛登支岬燈台の2マイル沖を航過、函館湾を出て津軽海峡に出る。このころから雨は上がったが、灰色の雨雲は海峡全体を覆う。正午前、矢越岬2マイル沖を航過した頃から晴れ間が見え始め、それが次第に広がる。13時頃、竜飛岬燈台を左舷3.5マイルに視認、津軽海峡を出航し針路を南西にとる。北西の風が13m/Sとなり、右舷側から波高3mのうねりを受け、船体はローリングを始める。夕方頃より風は8m/Sほどとなり波高も2mになる。20時頃、男鹿半島入道埼燈台7マイル沖を航過する。今朝4時過ぎ、粟島の北北西11マイル沖に達し、入港時間調整のため漂泊する。下関出港以来、初めての大きな動揺を体験した学生は半数ほどの者が船酔いの様子。低気圧の圏内から外れ、今日は高気圧の中に入った模様。10時30分頃、新潟に向けて航走を開始する。粟島西岸を航過して進路を南とし、船首を港口に向ける。上空は晴れ渡り、数条の筋雲が漂うのみで青空が広がる。14時前に新潟港西区第2防波堤を航過し港内に入り、14時15分、新潟港山の下埠頭に着岸する。学生・乗組員・その他乗船者全員異状なし。
天候 bc 晴 風向風力 風向 WNW 西北西 、 風力 4 和風
気温 20.6 度 水温 24.6 度
気圧 1016.5 hPa 海況 4 かなり波がある
針路 速力 knot
航海状況
1/1マイル

一覧へ戻る